日誌

青陵日誌2020

青陵タペストリーを作成しました!

今年1月13日~26日の間、校舎の中庭側ベランダに青陵タペストリーを展示しました。

このタペストリーは、文化祭ができなくなったことをうけて、「代わりに全校生徒で作成できるオブジェを何か作りたい!」という生徒たちの思いから始まった企画です。

「一陽来復~再び耀く青陵生~」をテーマに掲げ、各クラス1枚ずつタペストリーを作成し、それを繋げて一枚の大きなタペストリーにしました。生徒全員が手形や寄せ書き、似顔絵などで作品作りに参加しています。

一陽来復とは、悪いことが続いた後に、良い方向へ向かっていくという意味の四字熟語です。今年はコロナ禍で学校生活にも様々な影響を受けた一年でしたが、コロナに負けず前向きに頑張ろうという思いがたくさん書かれていました。

準備期間があまりなかったにも関わらず、生徒と先生方の協力もあり、各クラスそれぞれ工夫を凝らした個性耀く素敵な作品になりました。 

 

12月23日(水)芸術鑑賞会

 

 12月23日(水)、芸術鑑賞会を本校で行いました。今年は古典芸能で「狂言鑑賞会」でした。狂言の解説、「盆山」、「棒縛」の演目で約1時間、狂言の世界に浸りました。今回、コロナ対策として3年生は午前、2年生は午後、1年生は午前・午後と密を避けながら2部制とし、生徒体験コーナーもカットし、通常とは違う形での実施でした。そのような中で生徒は初めて触れる狂言の世界に引き込まれていました。

   

                        

  

1年生 球技大会

テスト明けの本日午前中、1学年の球技大会が開催されました。

風も少なく日差しの暖かな絶好のスポーツ日和の中、

男子はグラウンドにてサッカー、女子は体育館にてドッジボールを行いました。

クラス対抗トーナメント形式でしたが、決勝戦は延長戦までもつれるなど、各クラスとも白熱した試合を展開しました。

 

11/13(金)学年別体育祭(1学年)

 11/9の3年生、11/10の2年生に引き続き、1学年の学年別体育祭がまたも快晴の下、実施されました。1年生にとっては高校での初めての体育祭でしたが、どの種目にも全力で頑張っていました。

 今年度は学年別での実施でしたが、笑顔を浮かべながらの学校行事の実施がなんとかできてよかったです。

11/10(火)学年別体育祭(2学年)

 11/9の3年生に引き続き、2学年の学年別体育祭が快晴の下、実施されました。

3年生に負けじとどの種目にも頑張っていました。