日誌

美術部

ご無沙汰しております(美術部)

夏休みもあと1週間・・・(本校では8月1日から24日まで夏休みです)

暑い日が続きますが、皆様体調を崩したりしていませんか?

こんにちわ、美術部です。まったくもって1年ぶり更新で(また)すみません。

 

コロナ流行の影響で、新年度の始まり自体が2か月遅れ

当然、部活動もままならず やっと活動開始 と思ったら期末テストがあり1学期が終了してしまいました。

文化祭も今年度は実施見送り

埼玉県高等学校美術展(高美展)は、いまのところ開催予定ですが、いまの状況ではいつ何時「延期」「今年度見送り」との変更連絡が来るやもしれず

2月に予定されている文化部展は大丈夫なのか? と

気がかりなことが山積みですが

 

ひとまず 美術部は活動を始めました。今年は3年生1名、2年生4名、1年生1名の計6人

小回りの利く部活で 令和2年度を進めていきます。

さしあたり美術部としてのモチベーションは、8月終了時までに1枚、それぞれ展示に足る作品を仕上げること。

文化祭はありませんが、校内の壁に展示してある作品を入れ替える!

新作を展示して、校内の生徒さんに見てもらう! 意気込みで進めています。

 

とはいえ

今日は部活はお休みの日。

日頃の活動場所である 美術室 の様子をあげておきます。

 

 

それぞれ自分の作品を出したままでも活動が成り立つのがこの時期のいいところ♬

でもちゃんと片付けてある・・・最近の部員さんはお行儀が良いですね!

先輩の力作は・・・もう少し封印。

 

次の部活動日が楽しみです。

…ほかに校内で展示や活動アピールできる方法はないかなぁ…

みんなで頭をひねって、いい案ができないか考え中です。

 

それではまた

 

 

新年度の

・・・ふおおぉ   ご無沙汰しています。青陵高校美術部です。
なんと…前回の記事がちょうど1年前  あ 空きすぎる・・・・
         文化祭です。
昨年度の文化祭では、展示と、学校ジャック・階段に垂れ幕(顧問が気に入っています)で、なんと 「特別賞」をいただきました!!!   ヤッター (^-^)/
その業績?をたたえてくださった方々から、お声をかけていただき
垂れ幕を、三送会と卒業式で再度展示できることになりました!!!!!
(急に決まったので送られる立場の3年生が主体でしたが、結果おーらい!たくさんの方に見ていただけて、良いはなむけになったと思います。)


今振り返れば、なんとまあ 頑張り屋な学年でした… 大変な思いをして大規模改修&引越しを乗り越えた代を知っている それが、常に危機感として彼女たちに残っていて
とてもがつがつゴリゴリと作品を進めていくパワーのある学年でした(顧問も引っ張ってもらえました)
卒業おめでとう‼!! ぜひ 卒業後もご活躍をお祈りいたします。  (   ←そこから?)

  
 さて
 新年度の文化祭です!(気を取り直して)
 新年度は、3年2名 2年1名 1年3名でスタートしました。
 いい意味でスマートな、計画的で現実的な19年度です。 
 
そして今年もやります 垂れ幕‼!!!! (もう 美術部の専売特許にしてしまいたい…自縛行為かしら)
 着々と 材料を作り、不織布に貼り付け、絵を描き、貼り付け、描き足し・・・
 完成(文化祭当日 展示 )まであと少し! 頑張っています。
 
 今年こそは文化祭「後」の 写真もアップしたいと考えていますが、お近くのかた 
 ぜひ 9月7日の土曜日に、川口青陵高校までお越しください!









…なんだこれわっ‼!!


これはまだ一つのほうだけ(ふふふ…) もう一本も準備中…

あっ もちろん、油絵や水彩の作品も展示します。今年はバラエティに富んでますよ~

さあいよいよ今週末です!!!  頑張ります!!   みなさんいらしてくださいね!!!

文化祭が!


こんにちわ。暑い日が続きますが、夏休みも後半ですね…元気に過ごしていますか?
私たち美術部は、ほぼ 休みなし!!
それというのも 青陵祭が、2学期始まって一週間で開催だからです。
(例年そうですけどね…)

今年は、通常の作品展示のほかに
「学校ジャック」しちゃおう!(とかなんとか、誰だ…言い出したの…あ、ワタシ(顧問)か…すみません)
公共のスペースを美術部がお借りして、日常とは別の空間に…できたらいいなぁと、頑張っています。

そんなわけで、前回お見せした油絵作品は進行中 & 完成(展示を待つばかり)
さらに、へんなサイズのものを描いてますので、ちらりと報告を。

   ← なにを描いているのでしょうか?


   ← ん? この花は…?


 ← おお? ふ 富士山?

  青陵祭は9月8日(土)一般公開です!! お楽しみにー!!!!

新年度!


みなさんこんにちは、川口青陵高校 美術部です。
新年度も、もうすぐ1学期末…   間が空いてしまい恐縮です…

美術部は今年度も頑張って活動しています。
5階の美術室は今年も暑いです。
そうそう、新入生(いまさらですが)はおかげさまで4名入部してくれました。
先輩たちから引きついだ「油絵の美術部」のみならず、
今年は「水彩系」で活動したい生徒も来てくれているので、新しい展開を期待します。
油絵を描いている一年生たちも、徐々に大作へ移行しています。
1年生だけでなく、2年生(いよいよ中心学年です)、3年生(そろそろ進路で忙しくなりますが…)も合わせて、
画題内容等、今後 文化祭に向けて詰めていくことになります。

そんなわけで、今日は 出番を待つ 制作途中の作品たちの保管部屋を。





無造作に作品を乾かしたまま、生徒さんは今日から期末テストです。
来週 テストが終わったら、本格的に文化祭にむけて活動が始まります。
今年は学内の公共スペースを飾る企画も考えて、生徒会の審査もとおっているので
ちょっと変わったことをやってみよう!! となっています。ふふふ… 本人たちも楽しみですが

文化祭にいらっしゃるみなさん!! ご期待ください!!

文化部展

ご無沙汰しています。美術部です


・・・もう3月も終わりですね
29年度も終了が近づいています。 文化祭以後、報告ができずすみませんでした。

「埼玉県高校美術展」は、埼玉県立近代美術館まで搬入して、
県内の高校で美術部として活動している生徒作品を展示する場です。
美術館の地下1階は作品でいっぱい。
平面作品も油絵、水彩画、ポスターをはじめ、ペン画や切り絵もあり盛りだくさん。
近年はパソコンによるCG動画も展示されています。
立体作品も、木工芸や陶芸、彫塑や粘土細工、
針金や紙工作など多岐にわたる作品が所狭しと並べられており、見ごたえ十分でした。

部員は最終日、搬出の前に、他校の顧問の先生から講評を受けます。
これが(お互い…なのはうちの顧問だけかしら)緊張の時間です。
毎年、お話をしっかりきいて帰ってきて、「ここが弱いと指摘されたから」と、手直ししたり、
次の作品へ取り掛かる際「もっと立体感を意識するよう言われたから」と下描きに力が入ったり
とても良い刺激をいただいてきます。(結構ショックなこともあるんですが…負けないぞ)


高校美術展での講評や、他校の生徒の作品を見て刺激を受けた後
次に発表の場になるのは2月の「文化部展」です。
川口市内の中学生の皆さんは、もしかしたら足を運んでくださったかもしれません。
川口リリアの展示スペースで、青陵高校の文化部が合同で活動内容を発表するのです。



お互いに日頃の活動を見せ合う場でもあるため、高校美術展とはまた違った緊張感で、
前日ぎりぎりまで作品と向き合ってきました。
また、記録的な大雪が降った直後ということもあり、搬入の作業にも万全の注意を払いました。
昨年は、作品が生乾きで梱包材とすれてしまい、会場で画面を修正するなど 
本当にお客様に公開する直前まで気が抜けなかった経験があるので、
全員でてきぱきと展示を済ませ、その後も会場全体を目配りする美術部員でした。

短い時間でしたが、おかげさまで盛況のうちに終わりました。












さて現在は

春休みを使って、新入生を歓迎する作品を作っています。
同時に 2018年度の文化祭を示唆する作品になるので、
部員はみな慎重に作品に取り掛かっています。
新しい年度の美術部はすでに活動が始まっています。

さて
無事に卒業を迎えた先輩たちには、
直接感謝の言葉を伝える場面がないまま送り出してしまいましたが、
先輩たちがいらしてこその美術部でした。
少なくとも、この2年間美術部を支えてくださったのは、32期の3人(4人)の先輩たちでした。
厳しいアドバイスも、たわいもない雑談もみんな後輩たちの力になりました。
この場をかりてお礼を申し上げます。 一生けんめい美術部に力を注いでいただいて
本当にありがとうございました。
それぞれの新しいステージで、どうか力強く 成長を続ける姿をみせてください。




またねニヒヒ

夏だ!!

夏ですね!! 
特にお盆前のこの時期は毎年暑さが尋常ではありませんが
今年は!!!


美術部は、合宿所の3階をお借りして、活動を続けています。
合宿所の窓から見える空は、台風一過ですっきり晴れ渡り、今日は最高気温37度だそうです泣く

大規模改修の影響で、工芸室が実質廃止になることがわかり、美術部は根本的に活動場所を変更せざるを得ませんでした。
そのため引越しには慎重を期し、夏休みに入る直前まで仕分けを続けて来ました。
その流れのまま、こちら 合宿所をお借りすることになりました。
正直、ひと夏どこでどう活動するのか途方に暮れていましたが、
校内で活動ができることがなによりありがたいです。
たくさんの先生方や両隣で活動する文化部(苦労を共にする同士だね…)さん、
さらにはお借りしている合宿所の管理をしてくださる体育科、運動部の方々と、たくさんの方からご配慮をいただき、頑張っています。
今日も、生徒会と先生方のご厚意で冷房機をお借りすることができ、ほっと一息です。…文明の利器ってすばらしい…


そんなわけで、夏休み中の部活動見学会には参加できません。
でも、それぞれ作品は進めているので、ちょっとだけ報告です…




まずは 活動している部屋全体… 
段ボールやビニール袋に入れて運んできた絵具やら、…ゴミやら(恥) 
資料の本やら。 ご覧のとおり、本来は畳の部屋に道具を持ち込んだので、汚さないように床全面にビニールシートを敷きました。

 

壁にも、絵具がはねないように、新聞紙やビニールを張り付けて。








それぞれの作品と、文化祭用の「ひまわり」シリーズとを、同時進行で描いています。
…それにしても、暑い!! 扇風機、頑張れ!!

早くも夏休み後半に差し掛かり、「終わらないかも」「…作品?宿題?」「…クラス企画も…」
なんて会話が聞こえてきつつある美術部の、仮住まいからの報告でした。

逆境を乗り越えた「ひまわり」シリーズと、各々の渾身の作品たちは
9月9日(土) 第33回 青陵祭「青空に穿て 青陵の名」 会場でお目にかかります。
ぜひ足をお運びくださいませ!!    

                                                (顧問)

大忙しです


本日は開校記念日…
保護者面談期間中ということもあり、授業が半日で終わった後、美術部はそれぞれ作品に取り掛かっています。
というのも、今年の夏休みは、ここ工芸室のある 特別棟 が、大規模改修で使えないのです。とはいえ
文化部にとっての1年間で最大のイベント、文化祭は、改修工事が終わる9月に入ってたった1週間後。 
いつもなら、夏休みにみっちり制作に取り組めるのですが、今年はそうはいきません。
(おまけに工事に邪魔にならないように、工芸室内の道具一式を片付ける仕事もあります)

そこで、美術部は 一足早く文化祭のための作品を作り始めています。


…もしかしたら見覚えがあるでしょうか


そうです、新入生歓迎の部活動紹介に間に合うように、春休みに制作した ゴッホの「ひまわり」 100号の大作でしたが、
こんな感じに仕上がったのです。
共同制作としても、なかなか手ごたえがあったのと、やはりメジャーな作品なので
生徒の間でも「ひまわり」は受けが良かったようです。

そこで
文化祭は(ただ今企画書を作成中ですが)、この 100号のひまわりにちなんで
「ゴッホのひまわり連作」 に、取り組んでみようということになりました。
ただ、ゴッホのひまわりは作品数もあり、部員は一人1枚以上同時進行で仕上げることになります。
つまり それぞれが描きたい作品に加え、ひまわりを1枚以上 抱えることになるのです。
(ちなみに連作を模写するので、サイズは共通しています(20号))

そんなわけで 今 工芸室は混沌としています。
でも、だからこそ、頑張っている感はひしひし伝わるのではないかと… 
顧問としては考えるので、部活のない今日の状況をご紹介します。
必死な感じを、ぜひくみ取っていただければと思います。



この後ろ側(撮影者の背中側)にも1枚キャンバスを持っている3年生の作品群。



現2年生の作品たち。
手前の作品の部員は背中側に50号の大作を制作中です。一方、奥の作品の部員は↓



準備中の作品が重なっていますね! 
同じように、イーゼルに置き換えながら少しずつ進めています。


ちなみに、この四月からの1年生部員たちは、油絵の静物作品を1枚と、
油絵の自由制作か立体作品を1個以上が文化祭までのノルマです。
こちらも頑張っていますが、写真は、次回に。


夏休み中も荷物の引っ越し先で、すこしは活動できるようにしていくつもりではありますが、1学期中が勝負ですね!!(自戒)
頑張っていきたいと思います。
少し早いですが、ぜひ 文化祭での展示にご期待ください。(これ以外の企画も…?考えています)

春休み


平成28年度も終了し、春休み期間に入りました。
美術部の春休みは、新入生歓迎行事で新1年生にアピールする大作作りです。

本校の美術部は、主に油絵を扱います。
他の画材も扱えないことはありませんが、
5人の先輩たちは主に油絵を描いているのです。
得意な大きさや、作風(風景、人物、植物、雲など)はそれぞれ違います。
そういった個性を持った部員が、少しずつ知恵を出しアドバイスし合いながら
(時にはおやつも分け合いながら)
一生懸命作品に取り組んでいます。

そんな部活の様子を理解してもらいながら、新入生にアピールしたい!というわけで
100号キャンバスに合作を描いています。

途中経過ですが作業の様子を載せますね。
(写真部のお友達がきちんと一眼レフカメラで撮影してくれました。感謝!!)









六等分した画面は、写真のように同時進行が難しいですが
それもまた合作のだいご味です(笑)

そろそろ、早いもので3月も終わります。
新年度が始まってすぐの
「新入生のための生徒会ガイダンス」楽しみにしてください。

そして

部員一同、新入生の入部を心よりお待ちしています!

文化部展


トップページにもありますが、先日 文化部展が 川口リリアで開催されました。
美術部としては、10月末の高校美術展以後、最も力を入れてきた展示会です。

ただ、時期は学期末(12月)さらに、1月になってからの行事や、学年末試験、漢字検定の時期などを考えると、
早めに行動しなければきっと間に合わない!!
昨年の様子を知る部員から展示の様子や来客数を聞いて、12月の学期末テスト終了後から行動を起こしました。

2月3日と4日の展示作品は、冬休みの活動や、1月中の活動日を週3日から週5(つまり毎日)に変更して、
じっくりたっぷり取り組んだ作品です。
当日は、たくさんの方にご来場いただき、活動の成果を見ていただけて、部員一同感謝申し上げます。

それでも、本音を言えば「もっと描きこみたい!」という生徒もおりましたので
文化部展が終わり、学校に運び込んだ作品に、引き続き取り組むことになりました。
その成果は、また秋の文化祭などの機会に ご覧いただければ幸いです。


サイズは左から F30、F50、F100 (最後に全体像を入れました。大きすぎてはいらない…)

サイズは左端から F50、F20、F20です。



2年生の合作です。F100です。大きい!!  やはり迫力が違いますね。引き続き描くとのことなので楽しみです。

秋冬の活動報告


 美術部にとって、秋からが発表の時期になります。
 まずは 10月26日から、埼玉県立近代美術館で開催された 「埼玉県高校美術展」
 全県の高等学校で美術部として活動している生徒にとっては、もっとも大きな展示会です。

 現在、油絵が主流の本校美術部では、文化祭での展示作品をもとに、さらに描きこんで完成度を上げたり、
新たに大きな作品を描いたり、とにかく、もっとも熱くなる展示会なのです。
 直前まで手を加え、搬入に間に合わせました。搬入の際は、他校の生徒作品の鑑賞(展示前なので、
若干見づらいですが)をしたり、美術館で行われている特別展の鑑賞も行いました。 
また、搬出時には、美術工芸専門部会の先生方(美術の教員)から、一作一作丁寧な講評をいただきました。 
そのお話を胸に、また次の作品に向けて意欲を新たにしています。

 さあ、次は「文化部展」です。大作に取り組んでいますよ!!こうご期待!!


 最近の活動の報告をします。
 高校美術展の流れで、戸田市にある県の下水処理施設「水循環センタ―」の、見学コースにある壁面に絵を描いて、
コースを明るくしてほしい、との依頼があったとのことで、お誘いを受け、
美術部員の有志で「壁画制作プロジェクト」に参加しました。

 11月の土、日曜日の2日間で行いました。
 県内のいくつかの高校からの参加者は、3面に分かれ作業をしました。原画は、蓮田松陰高校の生徒さんでした。
幸い同じ壁面の担当になりましたので、作者の意図も聞きながら3,4校からの参加者で協力して、下書きから下塗り、
細部の描写や全体のバランスを整えながらの作業でした。
 若干人数が多かったこともあり、手が空くと「使える筆をよけておきます」「水を替えに行ってきます」(地下での作業だったため、
水汲みは一階まで階段を越えたり長い通路を歩かねばならず大変でした)と、
率先して作業の下準備や道具の片付けを行っていた青陵生。
 「パレットがほしい…」との他校生の声にも、段ボールとラップで急ごしらえのパレットを作って提供するなど、
機転を利かせて大いに活躍してくれました。
 壁画の描きこみ作業も、みんなと協力し着実に取り組んで、2日間の作業としては上々の作品ができたのではないでしょうか?
 
 
  これは第3面です。


こちらが青陵生がかかわった第2面です。
背景のグラデーションや、女の子の色もきれいですね!


第1面・・・センターのキャラクターに加え、コバトンなど県内近隣のキャラクター集合です。

作品の隣の柱には、かかわった高校名とグループのリーダーの言葉も書いてもらえました。

最後に部員が作業している写真も、載せておきます。
お疲れ様でした!!

ここをご覧になってくださっている皆さんも、機会があればぜひ、戸田市の水循環センターへ 見学に行ってみてくださいね。